-余興として-

日々の事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クランクケース内圧コントロールバルブ(その3)取り付け位置変更

やはりどうも効果がなくなってきた気がして仕方がない。
一度外して比べてみようと思ったが、メンドクサイ。

ということでテクノワークスさんへ行き「ゴメン、ちょっと外してくれへん」とお願いしました。

外してもらうと、つまってはいなかったが、オイルによる汚れで、かなり動きが悪くなっていた。「どのくらい?」と言うのは表現しにくいが「想像よりはるかに」と言うくらい。外した直後に振ってみると、確かにカタッカタと音はするが、洗浄してエアを吹いてもらった後のカタカタカタと言う軽い音に比べれば雲泥の差。

と言うことで..バルブの取り付け位置をブローバイパイプのクランクケース側からエアクリーナ側に変更してもらいました。
変更後は洗浄したからですが、効果が戻ってきました。

どうやらこのバルブは定期的な洗浄が必要なようです。
また、クランクケース側につけると、私の単車の場合ですが、オイルによる汚れで2週間くらいで機能しなくなるようですね。
スポンサーサイト

京ハン(?)夏合宿 2006

京ハンMLで夏合宿の行き先と場所の希望を聞いてみたが、反応ないですねー。

私に夏合宿の調整を催促した人

何か反応してよ!
さみしいやん...

AED(自動体外式除細動器)見た感想 & AEDってどこにあるの!?

先週、機会があてAED(自動体外式除細動器)の操作方法を見てきました。

CPR(心肺蘇生法)は、人がやっているのを見ただけでは、とても自分がやれる気にはなりませんが、AEDはちょっと一度見ただけで出来そうでした。
実際に見るまでは「本当は心臓が止まってない人にやってしまったらどうなるんやろう?」と、心配でしたが、それは機械が電気を流す前に心電図をとって判断してくれるので心配ありませんでした。

家に帰ってから疑問に思ったのは、「AEDってどこにあるんやろう?」です。主要な駅や行政機関などにはあるはずですが「AEDはここにあります」というような表示は見たことない。
よく探さなくては見つからないようでは使い物にならないだろう。ネットで設置場所を調べてみても施設名が公表されているだけで、その施設のどこにあるのかは公表されていない。

誰かが心停止して、それを確認してAEDを探し始めるのに1分経過したとして、AED到着後、実際に患者に電気を流すまで1分必要だとすると、AEDを探すのに使える時間は、長く見ても1分も無いように思う。
盗難を心配して大事にしまってあるのかなー。

となると、現場ではAED到着まではCPRしながら待つことになるが、現実的には日本の場合CPRを出来る人がそばにいる可能性は、かなり低いんじゃないだろうか。
このあたりが課題ですね。

ふと思ったのだが、最近町のあちこちにあって、目だって、金がかかってるものといえば携帯電話のアンテナ。このアンテナ、人が集まるとこほどたくさんある。これを設置する携帯電話会社にアンテナと同時に、アンテナの下あたりにAEDを設置及び管理する義務を負わせればいいんじゃないかなー。AEDは70万くらいと聞いたが、アンテナの設置費用に比べたらかなり安いと思うので、経費に埋もれてたいした額ではないのではないだろうか。今はほとんどの人が携帯持っているので、AEDを使うのも携帯ユーザということになる。携帯会社はそのくらいのサービスをユーザにしても良いんじゃないかなー。
どやろ?

あと、この記事をハングカテゴリーに入れたのは、ハングフライトエリアには是非AED置いてほしいなーという事でした。
うまく行政と交渉すれば行政から貸し出してもらえるのではないかと思う。

陰陽師 太極ノ巻 - 夢枕 獏 (文春文庫)


ちょっと感想:

この陰陽師シリーズ、好きなんですがなかなか買えない。というのは本屋で、いったいどれが既に読んだやつで、いったいどれがまだ読んでいないものなのか、わからなくなるからです。

たいていの本は、そのような場合も最初のページを読めばわかるものですが、このシリーズは必ず最初、晴明の屋敷のスノコの上で、晴明と博雅が酒を飲んでる場面で始まる。この場面は晴明と博雅の会話がなかなか良いのだが、ここを読んだだけでは、上の判断はなかなか難しい。

で、今回ですが、ついに失敗しました。既に読んだのを買ってしまいました。
でも話のほうも大分忘れていて、まぁ楽しめました。

この次はよく見て買おう。

「 「ハリー・ポッターと死の聖人」」シリーズ第7作でハリーは死んじゃう!?

いよいよ次作で完結編となる「ハリー・ポッター」シリーズ。 第7作でハリーが死んじゃうようなニュースが。

「主人公のハリーを含む2人の中心的人物が完結編の第7作で死ぬ運命にある可能性を示唆」と書いてる。また”中心的人物”が3人であるとも書いているので、ハリー、ロン、ハーマイオニーのうち、ハリーともう一人という事になる。 ロンあたりか。

「ローリングさんは、他の作家に作品を盗まれないよう、著者が主役を死なせる気持ちは十分理解できると説明」ともあるが...

十分面白いものが出来るのであれば、他の作家が続編を書いてもいいように思う。

というのも、「風と共に去りぬ」の続編として「スカーレット」が十分面白かったからだ。当初「スカーレット」が出たときは「何で別の作家が続編を 書くんや! せっかく感動的な終わり方をしているのに!」と思い、まったく読む気がせず、腹立たしくも思い、何年も読んでいなかった。しかし実際読んでみると、これが 意外と、というよりすごく面白かった!確かにスカーレット・オハラの物語としては「風と共に去りぬ」で完結していたが、スカーレット・オハラとレット・バ トラーの物語としては「スカーレット」で完結を見ることが出来た。こちらもなかなか感動的な終わり方だった。

と、まぁこのような例もあるので殺してしまわない方が良いんじゃないかなー...。

あと、「ハリー・ポッター」シリーズは小学生くらいから熱心な読者がいるので、夢と希望が持てるようなハッピーエンドが良いと思うのだが。

第7作完結編。早く読みたいなー、楽しみ楽しみ。

クランクケース内圧コントロールバルブ その2

なんか効果よくわからなくなってきました。

慣れてきたのか、バルブが機能しなくなってきて効果がなくなってきたのか...。

普通に考えれば前者だが...
エンブレも普通に効くし、低回転のガクガクも戻ってきたような気がするし、どうも後者であるような気もする。
今度、一旦外して比べてみる必要があるようだ。

ちなみに燃費はまったく変化ナシ。

夏のボーナスで買った唯一の自分のものなのに、少し後悔し始めた今日この頃の\18,900-。。。

雨の山の探検

20060625180404.jpg

今日は雨。

特にする事もないので、子供と雨の山をカッパ着て探検しに出かけてきました。神峰山寺上り口近くからはいって行く場所。

木の多い道に入るとあたりは真っ暗。子供は少し不安な様子(上の写真)

ここを抜けると、ダムの建設現場に出ます。そのあたりで遊んで帰ってきました。

今日の収穫はバッタの赤ちゃん4,5匹(カエルとカナヘビのえさ)。サワガニ2匹。カタツムリの赤ちゃん1匹。

今日の事件は、小川に降りていく時、下の子が足を滑らしずるずる落ち始めた。そのうち頭を下にして落ち始めたところで、先に下りていた上の子に引っかかりやっと停止。二人とも身動き取れなさそうなので救出。

6/24 かつおタタキパーティーと蛍

6/24、ハング友人家族が集まり「かつおタタキパーティーと蛍」。

DSCN1869.jpg
詳細はうじーえblogにありました。
いやー、ホントにぎやかな1日でした。
DSCN1871.jpg

「少年記」 野田 知佑 (文春文庫)

book_img「少年記」  野田 知佑   (文春文庫)

ちょっと感想:

カヌーイスト野田知佑の少年期の回想録。
この人は好きな川遊びをして、それを本にして生活しているといううらやましい人。うらやましいと簡単に言ったが、そう生易しいものではなく、多くのものとのトレードオフであることは容易に想像できる。
話は物心ついたとき(最初の記憶)から始まり、東京での予備校時代まで。
戦時中の話なども面白かった。
この本を読めば、彼の川へのこだわりが少し理解できた気がする。

あとがきで「自分の人生のコースを修正して、本当にやりたいことだけをやって生きるようになったのは四〇歳を過ぎてからだ。」と言っているが...

彼の本や椎名誠氏の本によく出てくるリンさんが今度結婚することになったという話があって、そこでこのリンさんの面白い伝説が紹介されていた。昔付き合っていた女性に「あなたはいつも私を置いて渓流釣りに出かけるが、私とイワナとどちらが大切なの」といわれた時「そんなことわかっているじゃないか、イワナだ」と答えたという伝説。

方向はぜんぜん違うがロシアの小話を思い出す。
ウォッカばかり飲んでる亭主と奥さんの会話

奥さん「もう我慢できないわ!私をとるのか、ウォッカをとるのか、どちらかに決めて頂戴!」
亭主「その場合のウォッカとは、何本のことだね?」

真剣に天秤にかけてしまう亭主が面白い。

おぉ、天然パチキ!

うちの家は白髪の家系である。つまりハゲの家系ではない。
うちの親父も早くから白くなり始めたが、禿げてはいない。
爺さんも死ぬまで白い毛があった。

私もそろそろ白くなり始める頃だと思うのだが、まだ大丈夫なようだ。
とは言いつつ、実はあまり鏡を見ないので横や後ろがどうなっているかは長い間見たことがない。
たまーに見ると、思いっきり寝癖がついていたりしてイヤなので、やっぱり見ない。

先日そろそろ散髪行かないかんなーと思いながら、ふと前髪を触ってみると!
なんといつの間にか、思いっきり天然パチキが入っているではないか!?
あれ~?いつのまに.....。確かココは丸くつながっていたと思ってたんやけど。

# ところでパチキって標準語なんかなー?やっぱり関西弁?
  パチキって頭突き、或いは剃り込みの事。今回は後者。
  で、天然パチキとは剃ってないのに剃り込みが入っている
  状態。

しかし、いつの間にこんな形になったんやろう?
突然なったんかなー?

そういえばいつからこの辺、鏡で見てないんやろう?思い出せない...。

確かに父方は白髪家系だが母方は後退家系だな。

にわかに自分が白くなるのか後退するのかわからなくなってきたのであった。

高槻 蛍情報 6/20 20匹弱 20:00

最新情報はこちら

20:00に2の場所へ。

20匹弱と期待より少な目。 見に来てる人5,6人。

教えてもらった山水館近辺に行って見るかな。
 そろそろ上流域もいいかな?

神崎清掃の時の写真

神崎清掃の時の写真をココにアップしました。

6/18 神埼清掃&池田さん遺作展

20060619000309.jpg
神崎海水浴場清掃ボランティア行ってきました。
京ハンからは2名。私とスクール生の古川さん(だったかなフジサワさんだったかな..すみません、お名前良く覚えていません)。KP20~30名。もと京ハンの人も多数。山でグライダー組む頃に荒木ちゃん出現(顔出しただけで飛ばず)。

また、去年まで欠かさず神埼清掃に参加しておられ、去年亡くなられた、京都ハングの顔でもあった池田さんの遺作展がありました。

古い時代あるいは最近のハングでのフライト時の写真。バイアスロン時の写真。池田さん撮影の写真や水彩画(かな?)などがありました。写真と絵の上手なのにびっくりしました。

清掃終了後、皆でカレーをご馳走になり山頂へ。
最初のうちはぶっ飛びが続きましたが、そのうち良い海風が入り始め、白波もちらほらし始めました。エモGがソアリングをしているのを見てT.O.。久々に神崎を堪能できました。


このブログのタイトルの写真

サイクリングネタがないので..
このブログのタイトルの写真の説明でも。

この写真はパリ(フランス)からワルシャワ(ポーランド)まで走ったときの写真で、ワルシャワの北西200kmくらいの場所で、ポーランドのバルト海沿いを西端から東のGdansk(グダニスク)まで走り、その後南下している途中の写真。

この時考えていたのは「静かなキャンプ場に泊まりたい..出来れば湖畔」だったと思います。

夏のバルト海沿いは日本でいえば夏の海沿いと一緒で、キャンプ場は人でいっぱい。その後静かな湖畔のキャンプ場にめぐり合い、途中アウシュビッツなどにもより、0802-06.jpg
ワルシャワから帰国しました。

下の写真はこの時のサイクリングの目的地ワルシャワに着いたときに晩飯食いながら撮った写真。ソロサイクリングなので、完走を喜び合う相手はいなかったけど、この日の夕焼けがすごくきれいなのがうれしかった。
0804-07.jpg


地理感のないかたは以下の地図参照
http://www.google.com/maphp?hl=ja&q=&ie=UTF8&ll=50.120578,12.172852&spn=25.439112,40.78125&om=1

コースはフランス → ベルギー → ドイツ(3日ほど湯浅家にお世話になる) → ポーランド

いやー、楽しいサイクリングでした。

この週末は神崎清掃予定

週末の天気、好転しましたねー。

日曜は神崎清掃なので、土曜は家族サービスデーかな。

神崎清掃は朝8時集合なので、土曜夜移動し、車中泊予定。
飛べそうなので、グライダー持っていこう。

天橋立、見えるかなー!

高槻 蛍情報 6/16 22:00 約10匹

今日も遅めの時間、10pmに2の場所へ。

約10匹。もう少し多いかと思ったが..今日のところはこんなもの。そろそろ乱舞を見たいですねー。

『珍妃の井戸』 浅田次郎 (講談社文庫)

『珍妃の井戸』 浅田次郎 (講談社文庫)

総合  8点

ちょっと感想:

「蒼穹の昴に続く感動の...」と帯にあったので買いました。
蒼穹の昴ほどではありませんが、まぁまぁ面白かった。
時系列的には「蒼穹の昴」の続編。また、楽しく読む為には先に「蒼穹の昴」を読んでおく方が絶対良いが、内容は続編とは言えない。余話といった感じ。

義和団の乱当時、紫禁城内で皇帝の愛妃である珍妃が井戸に投げ落とされ殺された事件。この事件の真相を究明していくイギリス、ドイツ、ロシア、日本の貴族階級出身の調査団。

何人もの現場に居合わせた人の話を聞くが、聞く相手により、すべて話が違ってくるところは、黒澤明の「羅生門」を思い出させる。
この話が食い違ってくるところはこの小説の面白さの半分だが、この部分で比べれば「羅生門」には及んでいないように感じる。

面白さのもう半分は、珍妃、皇帝の光緒帝、西太后へ、浅田次郎の理解で迫る部分。ここは「蒼穹の昴」の流れに沿っている。

期待に違わず、全体に浅田節も効いていてほろりとさせてくれた。

クランクケース内圧コントロールバルブ

テクノさんにお願いし、クランクケース内圧コントロールバルブとか言うのを取り付けてもらいました。

20060613225020.jpg

これをつけると、
回転がスムーズになり、トルクがフラットになり、少しトルクが増し、エンブレが効かなくなる...らしい

確かにまぁそんな感じ。
エンジンがスムーズになった分、パワー感が減って、面白くないエンジンになったような気もする。
(今回より、以前お試しで付けた時の方が効果が大きかったような...まぁ個体差かな)

燃費もよくなるということなので楽しみ。
ちなみにわたしの燃費は、通勤で11~12Km/l、ツーリングでは大体12Km/lとあまり変わらない。

少し使って気づいた事あれば、またレポートします。

6/11 飛びに行くつもりでしたが...

今日は龍門へ行くつもりでしたが、朝7:30におきると思いっきり曇っていて、低い雲が重そうに垂れ込めていてかなり暗い。

飛びに行く気がなくなり、家でごそごそしていたら、9:30頃に宇治の友人から電話あり。聞くと宇治はかなり雨が降っているらしい。
これを聞き今日の悪天が確定的となった。
それで安心してのんびりしていると...
昼から太陽がさし始め、夕方まで晴れとはいえないまでも、まずまずの天気がつづいた。

やってしまったようだ...。

高槻 ほたる情報 and 蛍の写真 6/10 たくさんいました

6月10日 2の場所 10時(遅めの時間)
たくさんいました。20匹+ くらい。
乱舞と言う程ではない。
10時でこれだけいたので8時くらいなら、かなり見れたのではないかと思う。

お約束の品のほたるの写真です.....

»» 続きを読む...

週末の予定

土曜は長男が月に一回の「少年野球がない日」なので、家族サービスデー。
日曜は龍門に行こうかと思っていますが...南風?

『魂がふるえるとき(心に残る物語―日本文学秀作選)』 宮本輝 編 (文春文庫)

『魂がふるえるとき(心に残る物語―日本文学秀作選)』 宮本輝 編 (文春文庫)

ちょっと感想:
すでに絶版になっていたりする短編小説を集めたもの。
なかなか面白かった。
仮名遣いが古かったりするので、多少読むスピードが落ち、その分
引き込まれ度も下がりがちなところもあった。

玉、砕ける (開高健)
太市 (水上勉)
不意の出来事 (吉行淳之介)
片腕 (川端康成)
蜜柑 (永井龍男)
鶴のいた庭 (堀田善衛)
サアカスの馬 (安岡章太郎)
人妻 (井上靖)
もの喰う女 (武田泰淳)
虫のいろいろ (尾崎一雄)
幻談 (幸田露伴)
ひかげの花 (永井荷風)
有難う (川端康成)
忘れえぬ人々 (国木田独歩)
わかれ道 (樋口一葉)
外科室 (泉鏡花)

一番面白かったのは...

»» 続きを読む...

高槻 ほたる情報 6/7 ー 4匹

今日6月7日は 8:20頃に2の場所を見てきました。

晴れの日が続いているせいか、まぁ実際時期的にもまだ早いこともあり4匹と少な目。他に見に来ている人は一家族だけ。

入梅した今週末あたりから蛍も人も増えるんじゃないかな。

ほたるの写真の件

kuniさんからリクエストのあった蛍の写真、もう少しお待ちください。

ほたる最盛期の頃に挑戦してみます。

まったく自信ありませんが・・・

高槻 ほたる情報 6/5

2007年5月加筆
最新情報はこちらから。


今日は仕事の帰りに3の場所を見てきました。

約3匹と少な目。行った時間は10時頃だったので、少しほたるには遅すぎる時間だったかも。
 大体8時ごろが良いように思う。 他に見に来ている人は誰もいませんでした。 ちなみに

»» 続きを読む...

むしとり、えさとり 、バッタの赤ちゃん

6/4の日曜は飛びに行こうかと思っていたが、朝起きるとひどい頭痛。とてもじゃないが起き上がれない。そこで薬のんでアイスノンしてもう一眠り。10:30頃には起きれるくらいに回復。

天気も良いし、神峰山寺近くの広場に次男と虫取りに。
狙いはバッタの赤ちゃん。
5mmほどのバッタの赤ちゃんを12匹捕獲。

実はこれカナヘビのえさ。次男は庭で捕まえたカナヘビのえさ探しに毎日苦労している。庭にいるようなものをわざわざ苦労して飼うことないだろうと思うが、そうはいかないらしい。
12匹の赤ちゃんバッタ、これで約一週間は餌に苦労せずにすむ。
愛情の甲斐あってか、このカナヘビ、虫かごの中で一冬越しました。

不動明王製作 5月はここまで

20060605000029.jpg
5月はここまで。
遅々として進まず。ぜんぜんやってないので仕方ないか。

高槻 ほたる情報 6/3

6/3 土曜日
今日は昨日金曜より気温が低い。
先に見に行っていた友人家族からは2,3の場所(上の口/桜公園)ともいなかったと連絡が。
私は金曜は仕事の帰りに一人で見に行ったので、今日は子供に見せてやりたいと、駄目もとで行くことに。2の場所へ.....

»» 続きを読む...

高槻 ほたる情報 6/2 いました!!

仕事の帰り、見に行ってきました。
いました。先のブログでの2番の場所(上の口近く→しもんじょう橋)。

しかし今年も早いですねー!

確認できたのは5匹。同時に見れたのは3匹。
他に見に来ている人は誰もいませんでした。

近所に住む友人にも「いるで~」って電話したら

»» 続きを読む...

高槻蛍情報


2007年5月加筆
下の情報は古いのでこちらを見てください
また、最新の情報はこちらから


私の主な鑑賞拠点は下に示した地図の辺りになります。 (主に摂津峡近辺です)

»» 続きを読む...

 | HOME | 



QR-code

QR-code

Categories


タグクラウド

> tags
S1000RR 955i 樫田 赤坂真理 東京裁判 天皇の戦争責任 サザエ ブレーキ スキー カフカ 絶望 頭木弘樹 ホイール シール 宮本輝 石井好子 ヘッドセット MasterX-Light パイプカッター コラム 荒神 谷崎潤一郎 ビンディング お初 太宰治 京都市美術館 電気系障害 地獄谷峠 アイヌ 池澤夏樹 北海道 最終回 登山 三嶺 トークリップ 子母澤寛 新撰組 オイル 笹本稜平 サス設定 浅田次郎 アルボムッレ・スマナサーラ 香山リカ 富樫倫太郎 法隆寺 魔除け ニンニク ツールド大阪 スケスケ ナイトサイクリング 橋田信介 新名神 第二名神 カビ 玄翁柄 夜景 北村薫 淀川 ポール サイクリングロード 米原万里 サドル BROOKS 七夕 サイクルロード 危険 事故 夢枕獏 神崎 高槻 神峰山寺 ゲンジ クワガタ オオクワ スポーク リム 振れ取り テンション ゴーギャン モーム 摂津峡 お茶 親鸞 アッシュ 豊臣秀吉 万城目学 茶々 淀君 ケン・フォレット 刹那 蕎麦 ツーリング 釣り 社会見学 タイヤ ブラックミント バジル クールミント ボトムブラケット 自転車メンテ ボンネ 東川篤哉 FireFox キャリパー 直木賞 佐々木譲 無念 CM サントリー ロッキーチャック シイタケ 地震 盗難 Android アプリ 報道問題 バッテリー 新年会 0570 一文字キーホルダー 革命 椎名誠 味噌汁 サボテン 風邪 テラノ 数独 上田紀行 ダライラマ 富士山 噴火 新燃岳 中之島 知らないオジサン 散歩 天命 五十而知天命 不信 医者 ポンポン山 ジンジャーエール 年賀状 大晦日 OSAKA光のルネサンス 中央公会堂 イルミネーション トナカイ 御堂筋 中国 言論の自由 忘年会 京ハン SDカード お財布携帯 携帯電話 黄葉 中村安希 韓国人 スマートフォン 紅葉 タチゴケ 同級生 岡本太郎 デジカメ 欲しい物 自殺報道問題 半藤一利 宮城事件 ポツダム宣言 みかんティー コーン 周山街道 アイス ソースカツ丼 横隊 カモメ エンジンストップ 中之島図書館 中之島散歩 アゴタクリストフ 玉椿 懐不動 アラーム 壊れた プール コンビニ マクドナルド 空腹 間食 RAKUWA ゾーミック 偏頭痛 ギンナン 貴和製作所 尖閣 百貨店 唐辛子 一ノ森 剣山 ペン立て オイル受け 比良山 正義 吉本隆明 ヒューズ 井上亮 昭和 戦争 音楽感想文 ドナドナ ファイテン たけんど 通勤にて 口は禍の門 怖い話シリーズ 平山夢明 オプティマス クリーニングニードル Optimus1200 ブレーキング Velbon 三脚 ロックレバー 住宅ローン 百田尚樹 インド人 夏休み やってしまった... 芥川 高橋克彦 阿刀田高 鈴木光司 小池真理子 宮部みゆき 乃南アサ キャンプ 自治会 夏祭り 湊かなえ 下品 スノーピーク ペグ CRM80 那須正幹 山本兼一 ランニング タイ料理 ラーメン 外壁塗装 リフォーム スプロケ 開高健 流行 馬脚 井伏鱒二 岡部まり 探偵ナイトスクープ ジョン万次郎 父親 旅立ち PL-500 EPL 広島高潤 クラッチワイヤー 不審 EDWIN Gパン チャック 北大路魯山人 1Q84 村上春樹 テレビ 事勿れ主義 さくらんぼ 花粉症 妊娠 小話 角田光代 自転車 きだみのる ファッション 幼虫 ミシュラン バイク シュペルヴィエル 堀口大学 沖縄 アメリカ 駒沢敏器 ファイルシステム unison PC USBメモリ 梅原猛 原田伴彦 司馬遼太郎 茶店 今井通子 万歳ハイウェイ 星野道夫 小林信彦 渥美清 ハング トイレ 村上紀史郎 ジョンクラカワー 通勤 人間ウォッチング 京都 きつね 森見登美彦 永倉新八 遠藤周作 宗教 男女 アナトリブクレーエフ アクセル 松鶴家千とせ ヴォネガット カート・ヴォネガット ダンブラウン インフルエンザ ドロンジョーヌ恩田 疋田智 気球 石川直樹 アネクドート さとう好明 小心者 黒澤明 都築政昭 菊谷匡祐 町山智浩 越智道雄 和田竜 伊東成郎 ソ連 佐藤優 東野圭吾 ロシア 宮城谷昌光 奥田英朗 赤塚不二夫 いしいしんじ 谷崎光 アッラー 洪水 重松清 レイモンドチャンドラー 中島らも メンテ OPTIMUS 灯油ランタン 修理 宮崎駿 養老孟司 チタン コッフェル クンクン法 グツグツ法 炊飯 快適 カエル JKローリング 息子 化粧 岡野宏 会田雄次 一橋文哉 レモン ぶどう 横山秀夫 ジェームズロリンズ ベトナム チェーホフ ナチス アウシュビッツ 恩田陸 カミュ フランクマコート 白井浩司 サルトル 荒木経惟 イスラエル 掃除 広瀬公巳 選挙 海堂尊 パソコン 柳田邦男 贅沢 広島焼き 金的 お好み焼き 池永陽 志水辰夫 津本陽 あさのあつこ 水木しげる 帚木蓬生 なかにし礼 森鷗外 高倉健 唐仁原教久 赤川次郎 綿矢りさ チョムスキー 911 アヘン 高野秀行 ハーネス 早坂隆 イスラム ビートたけし 成合 人魂 フィッツジェラルド 花見 弁当 辺見庸 チーズ 村山重信 ジェンキンス 三崎亜記 佐藤賢一 ラングレー ストーブ 高橋昇 写真 オムライス 春江一也 サンタ プレゼント クリスマス 高平隆久 テクノワークス 自殺 連鎖 三好万季 パウロコエーリョ 読書 龍馬 西原理恵子 大前研一 宮本武蔵 手嶋龍一 ミャンマー 島田洋七 花村萬月 井上靖 野田知佑 川端康成 幸田露伴 天気 小野員裕



Monthly




個人的な天気予報収集

[ジャンルランキング]   日記
4683位

[サブランキング]   会社員・OL
858位

Calendar

« | 2006-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

暇な人

暇な人

FC2Ad


GoogleでこのBlog内を検索
WWW を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。