-余興として-

日々の事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除

今日は買出しと掃除。

今はちょっと休憩。
パソコンのある部屋の、床に散らばっているものを、拾い集め片付けている。
今やっと部屋の中を歩けるようになってきたところ。

まだ片付いていない、床の上に落ちているものは.....(ながめてみると)

本たくさん
工具箱
ドリル
インパクトドライバー
携帯用ガソリンコンロ(ストーブ)
灯油ランタン
ロープ類
差し金(曲金)3つ
定規2つ
鉋の台
ボンド
空き箱いっぱい
何かが入っていたビニール袋いっぱい
そして部屋中木屑だらけ...

ん~...本は片付け様が無いので、後でまとめてBOOK OFF へ持って行こう。

スポンサーサイト

決定! ボーナスの使い方

12月、ボーナスをもらった。うれしい。
いつかのように、もらった時には既に大半を使ってしまっていたと言うことも無い。

つまり、ある程度自由に使える!

何に使おう-かなー...。
やっぱり前からそろそろ買い換えたかった、ハングのハーネス!
パラシュートもあわせて買い換えると、25万くらいかなー、ちょっと無理かなー...

と、夢を膨らませ考えていると...冷蔵庫が壊れた。

見たけど直らない。
冷蔵庫、冷蔵庫、冷蔵庫。
どう考えても、ハングのハーネスより冷蔵庫の方が優先度が高そうだ。
子供も大きくなってきて、今のより大きな冷蔵庫が良いけど..ネットで見ていると高いなー...。

夢はまた来年。




『時生』 東野圭吾 (講談社文庫)


ちょっと感想:

東野圭吾と言う作家が面白そうなので、本屋で目に付いたものを読んでみた。
ん~、どうしても最初の期待が大きかった本は、今ひとつに感じることが多いように思う...
それは仕方ないか。

総合:7点 (10点満点)   といったところかな。

不治の病で、まさに死を迎えよとする息子。その息子が死ぬ間際(?)、独身の頃の若い自分の父親に「生んでくれてありがとう」と伝えに行くストーリー。

確かに面白く、引き込まれ度も高いが...上の数行を読んだだけで感動できそうな気配を感じさせてくれる通りの内容。後は予定の紙数にあわせて肉付けし、最後に感動できる言葉をもってきて...。
確かに構成もよく出来ていて、この作者はうまいと思う。

しかし、例えば村上春樹なんかと比べても、踏み込みが甘いように思うのだが...。

期待が大きかったぶん、辛口になってしまいすみません。
この作者は、もっと他のも読んでみようと思う。

オプティマス/OPTIMUS No.80 NOVA(ノバ) 修理 -EXPLORER(エクスプローラー)との合体-

以前から修理しようと思っていた、NOVAを修理しました。


現象は2つ。
1.火がまったく大きくならない。
2.燃料ボトルのプラグがバカになっていて、加圧したままクイックカップリング(プラグ)を外すと、燃料が噴出す。

まず火が大きくならない原因は...

»» 続きを読む...

長男の試合


今日は長男の試合。どんな様子か見に行く。(右側赤)
思っていたよりちゃんとやっていたが、一回戦で負け。

試合後、体育館で遊んでいて階段の角に頭をぶつけ、コブを作って帰ってくる。

鳥インフルエンザって.....

先日テレビを見ていると、マスクのコマーシャルをしていた。
顔への密着がよく、バイ菌が入ってこないという宣伝だった。

それを見て嫁さんに、「もし人人伝染する鳥インフルエンザが流行ったら買えへんやろうから少し買っとくか?」と聞くと、「えっ、なにそれ?」と、嫁さん。「なに言うてんねん、鳥インフルエンザやん。アレが流行り始める兆候が出たら、オレ会社行かへんし、子供も学校休ませるで。」と、私。

»» 続きを読む...

『神とともに行け[2] チンギス・ハーンへの旅』 撮影-高橋昇 (集英社)


実は...と言うほどでもないですが、写真集も好きです。
その中から1つオススメ。

これは開高健が亡くなってから、高橋氏が出したもので、冒頭に「時間と空間を越え、今や神とともにモンゴルの蒼天に存在する、故開高健先生にこの一冊を捧げます」とある。

この本は、写真が良い、そして、間に入る文章も良い。
時々出してきて、眺めて気持ちが良い本です。

写真は紹介できないですが、モンゴルの人のポートレートがなんとも良い。

文章の間に、小さな字でモンゴルの諺と思われるものがたくさんあり、これも良かったので幾つか紹介。

● 人は悪くてもしきたりをもつのがいい、馬は悪くてもクツワがあるのがいい。

● 気まぐれな馬に乗れば狩の途中で後悔し、嫁った妻が合わなければ死ぬまで後悔する。

● 考えは月とともに、出発は太陽とともに。

● 金持ちは家畜の奴隷、貧乏人は人の奴隷。

● 人は自分の欠点を知らない、ラクダは自分のそりかえっているのを知らない。

『天才アラーキー 写真ノ方法』 荒木 経惟 (集英社新書)


総合8点 (10点満点)

アラーキー、以前テレビで見たとき、結構良い事言ってるんですよ。それでこの本を見てみると...。

この本は基本的には全て写真の事を書いているのですが、まったく写真の本を読んでいる気がしない。良い事一杯言ってるんですよ、この本で。それで「なるほど、なるほど...」と思いながらずんずん一気に読めました。

良い本でした。

本棚の「再読しても良い本」の位置にしまっておこう。

正月休みの日程

さて正月休み、京ハンチームの大勢は「西富士大会」「九州ツアー」と楽しそうな計画が聞こえますが、少数派の関西居残り組みは、日程合わせて、龍門へ飛びに行きましょう!

私の日程は以下のように考えています。

休み:12/29~1/8
年内: 家の事もろもろ
正月: 1/1~1/3 親戚まわり

ハング: 1/4~1/8 (このうち2泊3日程度)

現在はユアサさんとハヤシデラ夫妻(?)が、来ると聞いています。
夜は暖かい鍋でも囲んで、川原キャンプの寒さも忘れ、楽しく2007年の初飛びをしましょう!

旅の思い出シリーズ:孤高サイクリストは何を思うか


日常の生活を離れ、サイクリングに出る。私の場合、今はもう何年もサイクリングに出ていないが、よく行った頃、日程は平均2週間前後。
脱線するが、サイクリングはやはり2週間以上くらいの日程がないと楽しくなく、就職後、その日程が取れないので、代わりに週末だけで楽しめそうなものとしてハングを始めた。

日常から飛び出し、一人知らない道を走る時、何を考えているのか...
日常の自分を少し離れて振り返ったり、ひたすら自己の探求にふけるとか、そういったことは.....まったくない。
私は体が細身で、体に脂肪の蓄えがない分、体を動かすとすごく腹が減る。それでペダルを踏みながら、ひたすら食べ物のことを考える事になる。

»» 続きを読む...

オムライス世代

子供の時に好きだった食べ物は、スパゲティー、ハンバーグ、そしてオムライス。どうやらケチャップが好きだったようだ。

いきなり話は脱線するが、その後、好きな食べ物は...
高校~学生の頃:とんかつ & カツ丼 (この頃はこれが、この世で一番美味しいものだと思っていた)
現在:野菜炒め系のもの

職場が今の淀屋橋に引越し、時々昼飯にオムライスを食べるようになった。そこで気付いたこと2つ...

»» 続きを読む...

『プラハの春』 春江一也 (オススメ)



ちょっと感想:

 主人公はチェコスロバキアの日本大使館勤務の青年です。
また、この本の著者も青年時代、チェコスロバキアの日本大使館に勤務し、プラハの春に遭遇しています。
この本は、その時の体験をもとにしたフィクションです。

プラハの春:1968年、チェコスロバキア政府が推進した民主化政策で、ソ連(ワルシャワ条約軍)の軍事介入で幕を閉じる。

この本を読めば、この革命と言える事件の中にぐいぐい引き込まれ、当時のェコスロバキアの革命への興奮が共感できると思います。
著者が長年温めてきた構想を”ついに小説化!”と言う感じで、非常に面白かったです。この「プラハの春」のヒットで、この著者は他にも本を出しましたが、そちらはイマイチでした...。



マッチャンマン・パーティー 挨拶 動画

UPし忘れていたマッチャンマンパーティーのときのマッチャンマン挨拶動画をUPしました。
最初の部分がが切れていますが...。(6M+)
http://f14.aaa.livedoor.jp/~hmatsui/20061203/mv/DSCN2271.MOV

ダウンロードは、一旦 http://f14.aaa.livedoor.jp/~hmatsui/20061203/mv/ にアクセスして右クリックがいいかも。

原の蕎麦屋、おいしい!


今日は子供のクリスマスプレゼントの買出し。
その前に、先日イケモト氏に教えてもらった蕎麦屋に嫁さんと蕎麦を食べに行った。
いつの間にか知らないうちに出来ていた蕎麦屋。家から結構近い。
ここの蕎麦、すごく美味しい。
家の近くでこんなに美味しい蕎麦が食べられるのは幸せ。
店は週に一度、日曜のほんの少しの時間しか開けないようだ。
と、書いていたら、また食べたくなってきた...。

もうすぐクリスマス! 絶望による妥協と、サンタ実在の検証に挑む

もうすぐクリスマス。
さて息子二人の今年のプレゼントは?

長男が欲しいものは携帯できるゲーム機(ニンテンドーDS)。
これは、1年ほど前から欲しがっている。うちはゲームをやって良い時間は1時間/日。兄弟で遊ぶと2時間になるのではなく、二人合わせて1時間。ちょっとかわいそうな気もするが、最初の約束なので仕方ない。しかし(当然だが)この約束がなかなか守れない。1時間を超過したことを指摘すると怒り出したりする。これは息子の責任というより、ゲームと言う物の問題。だから、何処へでも持ち運べて遊べてしまうようなゲーム機を買ってやる事は出来ない。
買ってもらえないことで、長男は二度ほど激怒していたが...
それで今年は、別のものをサンタに希望するようだ。

二男は...
どうやら先日のサンタ問題が決着していないようだ。
- 突然息子から「お父さんって、ちょっと怪しいんやけど」って言われる時 -

そして、その真実を確かめるべく、その作戦は、「欲しいものは、誰にも教えない」というもの。
(でも何か一生懸命、希望を紙に書いてた ← 探したが見つからず)
今までは、サンタのプレゼントは、大体欲しいものに沿えるようにしていたのだが、そこに疑惑の焦点を持ってきているようだ。

今年は、あまり気の利かないサンタが我が家にやってくる...。



『アメリカ監獄日記』 高平 隆久 (草思社)


以前国内の監獄日記のようなものを読んだことがあり、この本を新刊コーナーで見つけ、アメリカの監獄はどんな感じなのかなと思い読んでみた。

総合:5点

単純に面白い。
しかしアメリカは怖いところだなと思った。
この著者が本当に無罪だったのかは知らないが、無罪の者でも司法取引に応じざるをえない仕組みになっているように思った。結果ほとんどが有罪になってしまう...。

あと、中国と、インドと、イスラム圏と、アフリカでの監獄日記も読んでみたい...。
そんなのあるのかな?

『ユダヤ・ジョーク集』 ラビ・M・トケイヤー 

オススメと言うほどではないですが、小話を抜粋

»» 続きを読む...

不動明王制作

DSCN2316.jpg
11月はここまで。

マッチャンマン 結婚おめでとうパーティー

「マッチャンマン 結婚おめでとうパーティー」 キマチ家にて。
DSCN2265.jpg
マッチャンマン夫妻登場。 はじまり、はじまりー。

»» 続きを読む...

 『ロシアは今日も荒れ模様』  米原 万里 / 『独裁者たちへ (ひとくちレジスタンス459)』 名越健朗=編訳

私が小話好きになった原因の本2冊を紹介。

 
『ロシアは今日も荒れ模様』米原 万里

ちょっと感想:
ロシア語会議通訳者(著者)が見てきたソ連及びロシアを、面白おかしく紹介するエッセイです。
ロシア人とウォッカの関係や、ソ連社会主義体制について、面白い小話(アネクドートというらしい)をもとに紹介しています。
でてくるアネクドートはロシアで作られたもので、結構面白かったので少し紹介すると、

無人島にアメリカ人、フランス人、ロシア人の三人の男が漂着した。やがて神が現われ、 三人に言った。
 「それぞれ二つだけ願いを言いなさい。私がかなえてあげよう」
 アメリカ人「金をくれ。そして帰国させて欲しい」
 フランス人「女が欲しい。それと帰国だ」
 ロシア人 「ウォッカを一箱。二つ目は飲み仲間だ。そうだあの二人を呼び戻してくれ」

共産主義は科学だそうだが、少なくとも自然科学ではないね。自然科学なら、人間に試す前に動物実験をやるからね。

問い: ソ連社会主義憲法とアメリカの憲法との違いは何か?
答え: どちらの憲法も言論の自由を保障しているが、アメリカの憲法は発言した後の自由も保障している。

»» 続きを読む...

ゆの酢 と AKRAPOVIC

今日夕方、テクノワークスに「ゆの酢」を置いてきました。
欲しい人、持っていってください。

IMG_0048.jpg
ナガタさんのバイクのマフラーがが、チタン・フルエキに変わっていました。
高そー!

『海辺のカフカ』 村上春樹 (新潮文庫)

面白かった。
総合9点くらいかな。(10点満点)

周囲の前評判があまりよくなかったので、期待値が高くなく、結果、面白く読めたと思う。
逆に感想を聞いた人は、評判の良い小説に期待値が高くなり過ぎ、その期待を満たすことが出来なかったようだ。

今回これを読んだのは、村上春樹氏がカフカ賞を受賞したので、以前から気になっていたこの本を今回選んでみた。

»» 続きを読む...

 | HOME | 



QR-code

QR-code

Categories


タグクラウド

> tags
S1000RR 955i 樫田 赤坂真理 東京裁判 天皇の戦争責任 サザエ ブレーキ スキー カフカ 絶望 頭木弘樹 ホイール シール 宮本輝 石井好子 ヘッドセット MasterX-Light パイプカッター コラム 荒神 谷崎潤一郎 ビンディング お初 太宰治 京都市美術館 電気系障害 地獄谷峠 アイヌ 池澤夏樹 北海道 最終回 登山 三嶺 トークリップ 子母澤寛 新撰組 オイル 笹本稜平 サス設定 浅田次郎 アルボムッレ・スマナサーラ 香山リカ 富樫倫太郎 法隆寺 魔除け ニンニク ツールド大阪 スケスケ ナイトサイクリング 橋田信介 新名神 第二名神 カビ 玄翁柄 夜景 北村薫 淀川 ポール サイクリングロード 米原万里 サドル BROOKS 七夕 サイクルロード 危険 事故 夢枕獏 神崎 高槻 神峰山寺 ゲンジ クワガタ オオクワ スポーク リム 振れ取り テンション ゴーギャン モーム 摂津峡 お茶 親鸞 アッシュ 豊臣秀吉 万城目学 茶々 淀君 ケン・フォレット 刹那 蕎麦 ツーリング 釣り 社会見学 タイヤ ブラックミント バジル クールミント ボトムブラケット 自転車メンテ ボンネ 東川篤哉 FireFox キャリパー 直木賞 佐々木譲 無念 CM サントリー ロッキーチャック シイタケ 地震 盗難 Android アプリ 報道問題 バッテリー 新年会 0570 一文字キーホルダー 革命 椎名誠 味噌汁 サボテン 風邪 テラノ 数独 上田紀行 ダライラマ 富士山 噴火 新燃岳 中之島 知らないオジサン 散歩 天命 五十而知天命 不信 医者 ポンポン山 ジンジャーエール 年賀状 大晦日 OSAKA光のルネサンス 中央公会堂 イルミネーション トナカイ 御堂筋 中国 言論の自由 忘年会 京ハン SDカード お財布携帯 携帯電話 黄葉 中村安希 韓国人 スマートフォン 紅葉 タチゴケ 同級生 岡本太郎 デジカメ 欲しい物 自殺報道問題 半藤一利 宮城事件 ポツダム宣言 みかんティー コーン 周山街道 アイス ソースカツ丼 横隊 カモメ エンジンストップ 中之島図書館 中之島散歩 アゴタクリストフ 玉椿 懐不動 アラーム 壊れた プール コンビニ マクドナルド 空腹 間食 RAKUWA ゾーミック 偏頭痛 ギンナン 貴和製作所 尖閣 百貨店 唐辛子 一ノ森 剣山 ペン立て オイル受け 比良山 正義 吉本隆明 ヒューズ 井上亮 昭和 戦争 音楽感想文 ドナドナ ファイテン たけんど 通勤にて 口は禍の門 怖い話シリーズ 平山夢明 オプティマス クリーニングニードル Optimus1200 ブレーキング Velbon 三脚 ロックレバー 住宅ローン 百田尚樹 インド人 夏休み やってしまった... 芥川 高橋克彦 阿刀田高 鈴木光司 小池真理子 宮部みゆき 乃南アサ キャンプ 自治会 夏祭り 湊かなえ 下品 スノーピーク ペグ CRM80 那須正幹 山本兼一 ランニング タイ料理 ラーメン 外壁塗装 リフォーム スプロケ 開高健 流行 馬脚 井伏鱒二 岡部まり 探偵ナイトスクープ ジョン万次郎 父親 旅立ち PL-500 EPL 広島高潤 クラッチワイヤー 不審 EDWIN Gパン チャック 北大路魯山人 1Q84 村上春樹 テレビ 事勿れ主義 さくらんぼ 花粉症 妊娠 小話 角田光代 自転車 きだみのる ファッション 幼虫 ミシュラン バイク シュペルヴィエル 堀口大学 沖縄 アメリカ 駒沢敏器 ファイルシステム unison PC USBメモリ 梅原猛 原田伴彦 司馬遼太郎 茶店 今井通子 万歳ハイウェイ 星野道夫 小林信彦 渥美清 ハング トイレ 村上紀史郎 ジョンクラカワー 通勤 人間ウォッチング 京都 きつね 森見登美彦 永倉新八 遠藤周作 宗教 男女 アナトリブクレーエフ アクセル 松鶴家千とせ ヴォネガット カート・ヴォネガット ダンブラウン インフルエンザ ドロンジョーヌ恩田 疋田智 気球 石川直樹 アネクドート さとう好明 小心者 黒澤明 都築政昭 菊谷匡祐 町山智浩 越智道雄 和田竜 伊東成郎 ソ連 佐藤優 東野圭吾 ロシア 宮城谷昌光 奥田英朗 赤塚不二夫 いしいしんじ 谷崎光 アッラー 洪水 重松清 レイモンドチャンドラー 中島らも メンテ OPTIMUS 灯油ランタン 修理 宮崎駿 養老孟司 チタン コッフェル クンクン法 グツグツ法 炊飯 快適 カエル JKローリング 息子 化粧 岡野宏 会田雄次 一橋文哉 レモン ぶどう 横山秀夫 ジェームズロリンズ ベトナム チェーホフ ナチス アウシュビッツ 恩田陸 カミュ フランクマコート 白井浩司 サルトル 荒木経惟 イスラエル 掃除 広瀬公巳 選挙 海堂尊 パソコン 柳田邦男 贅沢 広島焼き 金的 お好み焼き 池永陽 志水辰夫 津本陽 あさのあつこ 水木しげる 帚木蓬生 なかにし礼 森鷗外 高倉健 唐仁原教久 赤川次郎 綿矢りさ チョムスキー 911 アヘン 高野秀行 ハーネス 早坂隆 イスラム ビートたけし 成合 人魂 フィッツジェラルド 花見 弁当 辺見庸 チーズ 村山重信 ジェンキンス 三崎亜記 佐藤賢一 ラングレー ストーブ 高橋昇 写真 オムライス 春江一也 サンタ プレゼント クリスマス 高平隆久 テクノワークス 自殺 連鎖 三好万季 パウロコエーリョ 読書 龍馬 西原理恵子 大前研一 宮本武蔵 手嶋龍一 ミャンマー 島田洋七 花村萬月 井上靖 野田知佑 川端康成 幸田露伴 天気 小野員裕



Monthly




個人的な天気予報収集

[ジャンルランキング]   日記
4862位

[サブランキング]   会社員・OL
966位

Calendar

« | 2006-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

暇な人

暇な人

FC2Ad


GoogleでこのBlog内を検索
WWW を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。